ケアマネージャーの業務の流れ

ケアマネージャーの仕事の流れ

ケアマネージャーの勤務時間は、
勤務先の事業所それぞれで異なりますが、
担当する利用者さんのスケジュールにあわせて
仕事をしているケアマネージャーが殆どです。 

 

たとえば、火曜日・木曜日・土曜日の9:00〜17:30まで、
デイサービスを利用している利用者Aさんの支援をしているとします。

 

ケアマネージャーがAさんの自宅で直接面接をしたいと思うときは、
デイサービスを利用していない日を選ぶか、
利用日の朝9:00前か、17:30過ぎに訪問をします。

 

デイサービスの前後は、Aさんも忙しかったり、
疲れていたりするので、話をゆっくり聞きたいのであれば、
デイサービスを利用していない日に訪問するのが良いかもしれません。

 

ですが、Aさんがデイサービスをどのように感じているかなどについては、
デイサービスに行く日の朝に訪問し、
準備や送迎を行う様子を観察したり、
デイサービスの参加中に見学させてもらうことで
デイサービスの内容を把握し、どのように過ごしているかを観察することもできます。

 

また、デイサービスから帰ってくる頃に自宅に伺えば、
本人がどのくらい疲れて帰ってくるのかを把握することもできます。

 

さらに、利用者のAさんがデイサービスに行っている間は、
家族からの相談も多くなり、
ゆっくり話を聞いて欲しい、本人の前ではいえないことを相談したいなど要望もあります。

 

ですから、本人が不在となる時間を利用して、
訪問することもあります。

 

訪問や面接は漠然と行うのではなく、
利用者さんやその家族の生活パターンを把握しながら、
目的を持って、曜日や時間帯等を使い分けてスケジュールを組みましょう。

 

では、1ヶ月のスケジュールは、どのように立てればよいのでしょうか。

 

ケアマネージャーの一ヶ月のスケジュールは、
一月を4つに分けて、業務を行って行くとよいでしょう。