ケアマネージャーの業務の流れ

ケアプランの作成

保険事故が発生していることが確認されれば、
必要なサービスを位置づけたケアプランを作成します。

 

ケアプランにサービスが位置づけられていない場合は、
介護保険から給付されないこともあります。

 

また、介護保険では、要介護度に応じて受けられるサービスが決まっています。

 

ケアプランは、自分で作成しても良いのですが、
自分で作成する自己作成は一般的ではなく、
在宅で生活をしている要介護者であれば、
居宅介護支援事業所のケアマネージャーに作成を依頼し、
要支援者は地域包括支援センターに作成を依頼するのが一般的です。

 

施設入所をする場合は、施設のケアマネージャーが作成をします。

 

ケアプランが作成されると、それに基づいてサービス利用がスタートします。

 

・第一号被保険者と第二号被保険者のちがいについて

 

第一号被保険者: 対象者は、65歳以上で市町村の区域内に住所を有する者
         受給者は、要介護者・要支援者

 

第二号被保険者: 対象者は、40歳以上で65歳未満で、市町村の区域内に住所を有し、
        医療保険に加入している者
         受給者は、要介護者・要支援者であり、その原因が特定疾病によるもの

 

・特定疾病とは

 

1. がん【がん末期】
2. 関節リウマチ
3. 筋萎縮性側索硬化症
4. 後縦靱帯骨化症
5. 骨折を伴う骨粗鬆症
6. 初老期における認知症
7. 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病
8. 脊髄小脳変性症
9. 脊柱管狭窄症
10. 早老症
11. 多系統萎縮症
12. 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
13. 脳血管疾患
14. 閉塞性動脈硬化症
15. 慢性閉塞性肺疾患
16. 両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症