ケアマネージャーの業務の流れ

実地指導の準備をする

行政の実地指導や監査の時には、記録に夜確認が基本です。

 

実地指導などの場合は、事前に帳票種類の準備などをするように、
事業所へ通知される場合が多いです。

 

そのときに慌てないように、日ごろから準備をすることが必要です。

 

日ごろからの準備が重要だと思っていても、
法令などの確認が負担だったり、
業務に終われて忙しかったりなどして、
法令や通知を熟読するのは無理!と決め付け、
事業運営の基本となる法令に見向きもしないケアマネージャーも時々います。

 

ですが、運営の基本となる法令は、ケアマネージャーの業務の土台になります。

 

いつも目のつくところに自分の事業所等の運営基準を置き、
その都度確認できるような環境にしておくと良いでしょう。

 

そして、一人の知識や努力には限界や時間的制約が付きまといますから、
困ったときや疑問に思ったときには
相談できる仲間や友人、近隣事業所、職能団体などの
相談窓口と積極的に連携をとっておくと良いでしょう。